« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

第67回菊花賞

メイショウサムソンは4着となり、3冠達成は成りませんでした。勝ったのは単勝8番人気のソングオブウインドです。馬券はIPAT(パソコン)でメイショウサムソンの単勝と、メイショウサムソンとドリームパスポートのワイドをそれぞれ1,000円ずつ、合わせて2,000円購入しました。馬券が外れた為りそな銀行のA-PAT専用口座の残高は81,556円に減ってしまいました。ところで、凱旋門賞でのディープインパクトの禁止薬物検出の件ですが、フランス人の獣医が処方した薬物が禁止薬物だったことで釈然としないものが残ります。歴史に残る名馬だったのに、経歴に傷がついてとても残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディープインパクト年内で引退

世界最強馬の夢が消えました。来年の凱旋門賞でリベンジしてくれると思っていたのに残念です。馬体のどこかに問題でもなければ来年も走らせて欲しかったです。馬主としてはディープインパクトの価値を考えると、今年引退させて早く種牡馬にした方が儲かるからでしょう。しかしファンの気持ちはどうしてくれるんでしょうか。もっとディープインパクトが走る姿を応援したかったよ。
TдT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールド・トレード・センター

TOHOシネマズ府中でオリバー・ストーン監督、ニコラス・ケイジ主演のワールド・トレード・センターを見てきました。世界中を震撼させたアメリカの同時多発テロから早くも5年が経ちましたが、いまだに首謀者と目されるアルカイダのビンラディン容疑者は捕まっていません。時々アルジャジーラなどでビンラディン容疑者の声明や映像が放送されることからもおそらく生きているのでしょう。しかし、どこをどう逃げているのか、アメリカが血眼になって探しているはずなのに捕まらないのは何故なのでしょうか。この映画は事実に基づいており、ニコラス・ケイジ演じる港湾局警察官ジョン・マクローリン達があの日、旅客機が激突したワールド・トレード・センターに救助に向かい、崩れ落ちたビルに生き埋めにされてから救出されるまでの間の家族の葛藤などを描いています。しかし、日本が平和を享受していたときにアメリカでは恐ろしいテロが発生し、アフガニスタンやイラクでの泥沼の戦争へと突き進んでいきます。日本もアメリカの同盟国として自衛隊を派遣し協力したので、いつ日本を狙った大規模なテロ攻撃が発生してもおかしくないと私は思います。折りしも今日、北朝鮮が地下核実験を行ったようです。拉致やミサイル問題も含めて北朝鮮にも日本は難しい対応を迫られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第85回凱旋門賞

パリのロンシャン競馬場で第85回凱旋門賞が行われました。日本からはディープインパクトが出走しましたが、惜しくも3着に敗れました。勝ったのはレイルリンク。世界の壁は厚かったです。ディープインパクトはパドックを見た限りでは落ち着きもあり良い状態に仕上がっていました。これに武豊が騎乗して勝てなければ仕方がないです。ああ、それにしても残念です。次走はジャパンカップか有馬記念でしょう。また応援します。目指せ世界最強馬ディープインパクト!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »